BIE野生植物ミネラルマグマン

開発者 中山栄基先生プロフィール

野生植物ミネラルマグマンを開発したミネラル研究家中山栄基先生は長年化学物質の有毒性調査に携わってきた毒物研究の第一人者です。
先生は長年の毒性研究から今後ますます増え続ける合成化学物質に毒性検査など全く追いつかない、合成化学物質は大なり小なり有害作用を持っている、少なくとも健康と食と美容の分野において合成化学物質は必要ないのではないかと考えるようになりました。
そして先生が専門家の立場より10年におよぶ研究と実験を経て開発したのが野生植物ミネラルマグマンです。

昭和19年 山梨県生まれ
昭和42年 上智大学理工学部化学科卒業
日本バイオアッセイ研究センター(信頼性保証主管)に勤務後、退職
東京女子医大公衆衛生学教室、慶応大学医学部新薬研究所、北里大学医療衛生学部などで研究に従事
東京女子医大付属高等看護学校 非常勤講師、東京女子医大付属看護短期大学 非常勤講師、上智大学理工学部応用化学大学院講師、学校法人篠原学園理事などを歴任

「還元健康法」を提唱しながら全国を講演。
「合成化学物質はもういらない」をスローガンに医療機関を通じて重症患者への「野生植物ミネラル」の提供や食の現場などで化学物質を排除する運動に東奔西走している。

主な著書に
『職業病、その実態と対策』(日本イーエムエス・共著)『労働衛生用語辞典』(中央労働災害防止協会・共著)『長生き食品、早死に食品』(プレジデント社)『自分の身体は自分で治せる』などがある。
最新刊は『野生の還元力で身体のサビをとる』(風雲社)

株式会社健蘇社

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-22ニューパレスビル5F
TEL:0120-455-576(フリーダイヤル)
受付:午前9時〜午後6時
会社情報