BIE野生植物ミネラルマグマン

中山先生とのミネラル勉強会

健蘇社では『野生植物ミネラルマグマン』の開発者、中山栄基先生の勉強会を行いました。 中山先生の講義と調理実習が二つが主な内容でしたが、調理実習では『野生植物ミネラルマグマン』を使った食材の美味しさに参加されたお客様、社員一同がみんな大変驚きました。

終始笑顔でミネラルの重要性をわかりやすく説明してくれる中山先生ですが、『野生植物ミネラルマグマン』の話になるととても真剣です。

先生の講義の後、調理実験を行いました。

りんごのすりおろし酸化実験

りんごのすりおろしに『野生植物ミネラルマグマン』を混ぜる実験をしました。

【写真左】りんごをすりおろしてそのまましばらく放置すると酸化が始まり茶色く変色します。
【写真中央】りんごをすりおろして放置し、変色したものに「野生植物ミネラルマグマン」を混ぜると酸化されたものが還元していきます。
【写真左】りんごをすりおろした後、すぐに「野生植物ミネラルマグマン」を混ぜると放置していても酸化による変色がありません。

魚の干物調理実験

鯵と鯖の干物を『野生植物ミネラルマグマン』入りの水、普通の水に10分程度漬けこみます。 その後、フライパンでホイル焼きにしました。
『野生植物ミネラルマグマン』入りの水に漬けたものは普通の水に漬けたものにくらべてふっくらとしており、みんな味の違いに驚きました。

上記の他にも、うなぎ、鮭の切り 身など様々な食材の食べ比べを行いました。

普段お料理などに『野生植物ミネラルマグマン』を使って味が変わることなどはわかっていたつもりでしたが、実際にいろんな食材を使って食べ比べをしてみると味の差が歴然!参加されたお客様も驚かれたようです。
改めて『野生植物ミネラルマグマン』の力を感じた勉強会でした。
また、中山先生から直接『野生植物ミネラルマグマン』のお話を伺うことができ、お人柄に触れることのできた大変貴重な時間となりました。

野生植物ミネラルとは

株式会社健蘇社

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-22ニューパレスビル5F
TEL:0120-455-576(フリーダイヤル)
受付:午前9時〜午後6時
会社情報